虫歯ゼロを維持するためには、自分で意識をして歯を磨かないといけないのです。

虫歯ゼロについて

大人になっても虫歯が多い人が多く、悩みを抱えている人は多いことと思います。
虫歯になりやすい人となりにくい人の差は大きく、虫歯になりにくい人は長期間にわたって虫歯にならず、虫歯ゼロというのが当たり前の様に感じているのです。
それでは、虫歯になりやすい人となりにくい人は、どのような点が異なるのでしょうか。
虫歯になりやすい人は、生活が不規則になっている人が多いようです。
食べるものは味が濃いものを好んで食べ、お菓子などもよく食べます。
食事と食事の間が短く、頻繁に間食をする傾向があるようです。
虫歯になりにくい人は、和食中心の食生活で、生活のメリハリが整っているようです。
また、間食をあまりしないようなので歯のダメージも少なく済むのです。
口の中もサッパリとしていて、ベトベト感もなく綺麗な歯を保つことができるようです。
口の中がベトベトして悪臭が漂うことなんて考えたことはあるでしょうか。
きちんと管理をしていないと、いつそうなってもおかしくない状態にあるのです。
誰にでも起こりうるトラブルなので、口内環境は良く保つことが大切です。
一つ虫歯ができてしまうと、他の歯にも移ってしまうので、早い段階で歯科医院へ受診するようにしましょう。
目標は虫歯ゼロです。
普段から歯を意識していれば、大丈夫なのだと思います。
子供のうちは鈍感で気づかない人は多いですが、大人へと近づいていくと、周りの人を意識するようになってきます。
自分の臭いに敏感になる時期でもあり、特に口の匂いには気を使うようになってくると思います。
口だけではなく、髪の臭いや服の香りにも意識するようになってくると思います。
自分で意識をするということは、管理ができるようになってきているということなのだと思います。
自分で意識ができるようになる時期まで、親にも手伝ってもらい、管理をしていくが大切なのだと思います。
子供のうちは管理ができるように、練習を積み重ねていく日々なのですが、なぜそうするのかという理由がわからないという人が多いようです。
しかし、歯を磨く大切さをきちんと理解できるようになれば、小さな子ども頃からでも管理はできるのだと思います。
毎日同じことを繰り返すのですが、簡単なようで大変なことなのです。
歯を磨かないとどうなるのかという考えと、歯を磨き続けている自分の綺麗な歯を意識することができると、誰から言われることもなく、自分で綺麗に磨くことができ、虫歯ゼロを維持していくことができるのだと思います。

Copyright (C)2014あなたの意識で虫歯ゼロに!毎日のケアを知ろう.All rights reserved.